MXモバイリング株式会社

ドコモショップ東京駅グランルーフ店

池畑 孝資

池畑 孝資

学生時代から通信機器が好きだったことや、多くの方に便利さや快適さ、楽しさを提供できる職業に就きたいという思いから通信業界を志望。就職活動を進めるなかで、MXモバイリングの「新たなことに挑戦していく風土」に共感したことから入社を決めた。2013年入社。

仕事紹介

情報通信サービスの便利さや楽しさを伝える架け橋役として

池畑 孝資

MXモバイリングは日本全国のドコモやau、ソフトバンク、ワイモバイルのショップを400店以上運営し、携帯電話や携帯電話関連商品の販売や法人向けの携帯端末やソリューションなどを提供しています。
そのなかで私は、ドコモショップ東京駅グランルーフ店に勤務し、フロア担当として接客をしています。東京駅という立地柄、幅広い年代、様々なITリテラシーを持ったお客様がご来店されます。来店目的もさまざまです。全てのお客様にご満足いただけるよう、ドコモ製品についての知識はもちろんのこと、世の中に出回っているさまざまな機器やアプリ、携帯電話関連商品をはじめとする幅広い分野の情報収集に力を入れています。この仕事はただモノを販売するのでなく、お客様がご来店された目的以上のコトを提案していくコンサルティングのような仕事だと感じています。
接客をする上で大切にしているのは、お客様のニーズをしっかりと引き出すことです。落ち着いてお話を伺い、携帯電話の活用法や普段のライフスタイルや趣味など、こちらからもご質問させていただく会話のなかで、ご要望を伺い、提案につなげています。

私の成長

販売で力をつけることで、全体の戦略を俯瞰できるように

入社当初は、自分の実績や販売スキルの向上に力を入れていましたが、次第に自分だけでなく、店舗全体で取り組まなければ大きな収益向上にはつながらないことが見えてきました。そこで、店舗内で班ごとにロールプレイング研修を実施し、スキルや事例の共有化を図ったり、他店に独自で視察に行った結果のレポートを店舗の他スタッフに展開し、個人ではなく全体で収益を高められる仕組みづくりに力を入れるようになりました。
こうやって若手でも自分の意見を発信出来る環境があるので、明確な目標に向かって進めているのだと感じています。

将来に向けて

接客で体得した現場視点をマネジメント業務に生かしたい

今は店舗に立って、お客様に喜ばれるサービスを提供することにやりがいを感じていますが、将来的には組織統制や業務面においてもマネジメントができるスキルを身につけて、店舗を統括する立場になりたいと考えています。
時々、通信の未来に思いを馳せますが、無限の可能性を感じます。将来的には、通信技術をコアとしたさまざまなサービスや家電等の機器との連携が展開され、今よりさらに私たちの生活に無くてはならないものになっていくと思います。その新しい時代に向けて私は着実に経験や実績を積みながら、将来的には事業戦略や人材育成、管理・企画部門など様々なフィールドで活躍できる人材になっていきたいと考えています。