CROSS座談会

vol.02

株式会社
ウェルファムフーズ
丸紅ケミックス
株式会社
丸紅プロテックス
株式会社

Member Profile

  • 吉田 絢太
    吉田 絢太

    株式会社ウェルファムフーズ
    東日本販売本部 東日本販売部 食材原料課
    2013年入社

  • 眞家 健次
    眞家 健次

    丸紅ケミックス株式会社
    スペシャリティケミカル本部
    ライフサイエンス部
    2017年入社

  • 大場 達也
    大場 達也

    丸紅プロテックス株式会社
    プロジェクト部 産業プラント課
    2017年入社

TALK01

業界が異なる3人の営業

talk01_01
  • 眞家

    同じ丸紅グループで営業として働いているとはいえ、それぞれまったく別の業界です。まずは自己紹介から始めましょうか。

talk01_02
  • 大場

    私の所属部署は、製鉄・非鉄分野でプラント設備や機械の輸出営業を行っています。海外において製鉄プラントを立上げたいという企業と、日本の製鉄プラントメーカーの間をつなぐ役割です。私はインド市場(製鉄・医療他)を担当しているため、インドに出張することもあります。

  • 眞家

    社員数は約100名と聞いているけど、インドに特化した会社なんですか?

  • 大場

    いいえ、たまたま私がインドを担当しているだけで、当社では北中米や東南アジア、アフリカなど、世界中のお客さまと取引しています。

  • 眞家

    少数精鋭ですね。当社もそう。丸紅ケミックスは、グローバルに化学製品の仕入れ販売を行う会社です。私が所属するライフサイエンス部では、健康食品、医薬品、化粧品などの素材・原料・基材を取り扱っています。イメージしづらいかもしれませんが、わかりやすい例を挙げると、たとえばビタミンCを仕入れて飲料メーカーに販売するといったケースでしょうか。

  • 吉田

    ビタミンC? それはどんなカタチで、どこから仕入れるんですか?

  • 眞家

    ビタミンCの原材料はトウモロコシです。食品添加物メーカーなどが加工して粉状にしたものを仕入れています。仕入れ先はビタミンCなら中国が多いですね。それを国内外のメーカーやディーラーに販売しています。

  • 吉田

    お二人の会社は、仕入れ先と販売先をつなぐ商社ですね。当社は食品メーカーです。ウェルファムフーズは社名に丸紅とついていませんが、もともとは丸紅畜産部の国内販売組織を母体として設立されました。中核としているのは、生産から加工・販売まで一貫体制で行っている国産鶏肉事業です。私は東日本エリアを担当し、スーパー、外食、卸しなどの企業を相手に鶏肉の販売を行っています。

  • 大場

    鶏肉の生産というと…?

talk01_03
  • 吉田

    まさに農場でブロイラー(食肉専用・大量飼育用の鶏)を育てているんです。ブロイラーは、雛から消費者の手元までわずか50日で届くんですよ。当社では宮城・岡山・鹿児島の3県に生産拠点を構えており、安全な食品の安定供給を維持しています。だから当社は全国規模で取引先対応ができる。そこが強みですね。

  • 大場

    当社の強みは、製鉄・ODA・建設エンジニアリングの3部門が連携していることかな。商社でありながらエンジニアリング機能も持っているため、ワールドワイドに多角的な営業を行えるんです。また、丸紅のネットワーク・基盤を活かした大規模な仕事ができることで、お客さまからの信頼にもつながっていますね。

  • 眞家

    たしかに。日本のお客さまから原料を探してきてほしいと頼まれたとき、世界中にネットワークが広がっているのは当社の強みでもあります。なかなか現地の情報が取れないときなどは、そこに赴任しているグループの駐在員の方に協力していただけることもあるから、とてもありがたい。グローバルメールアドレスをグループ会社で共有しているので、世界中に仲間がいるイメージですね。